テクノロジー

AI時代における情シスの役割期待

joshisu-ai

近年、IT技術がビジネスに与えるインパクトは拡大の一途を辿っており、情シスはサポート・ヘルプデスクや基幹システムなどの運用保守業務に加えて、IT戦略の立案や社内システムに関する企画・開発などのスキルも強く求められるようになってきました。

また、今後は、最先端技術であるAI(人工知能)についても基礎的な知見を有することが必要となってくるでしょう。

以下では、情シスにおけるAIとの関わり方を、実際の活用事例と併せてご紹介します。

情報システム部門とAI

従来、日本企業の情シスに求められる機能のイメージとしては、会社によって異なる面はあるものの、主たるところではユーザーサポート、保守、管理、運用などがありました。

一方、近年ITは「便利な道具」から「なくてはならないもの」に変化してきており、ビジネスシーンにおいても、ITの有効的な活用が事業の運営に与えるインパクトが大きくなっています。

そのため、専門知識を有し、社内でIT周りを担当する情シス部では、基幹システムの保守や管理だけでなく、IT戦略の企画や、インフラ構築などのスキルの保有及びそれらを活かすことの重要性も高まってきています。

また、AI(人工知能)技術の台頭により、自社のビジネスにAIを導入することとなった際は、特別にプロジェクトチームの発足や部署の設立が行われない場合は、ITに一番精通している情シスが担当することとなることが大半です。

これからの時代のビジネスにおいては、AIの力を使いこなし事業をエンパワーメントすることが必須となっていくと考えられるので、実際のAI開発は外部に発注を行うとしても、その目利きや技術の理解を行うために、基礎的なAIの知識をもつことが求められることとなるでしょう。失敗しないAIプロジェクトPoCの進め方【初心者必見】| DeepApex

AIプロジェクトを成功に導くためには、まずはAIの仕組みについて簡単に理解し、AIをビジネスに活用するアイディアの頭出しとイメージを固めましょう。

よりAIに力を入れている会社さんでは、情シスなどを中心に希望する人員を招集することにより、社内にAIの専門部隊を設立し、全社横断的にAIの活用に取り組むケースも見られます。

AI技術の習得に際しては、数学やプログラミングなどのIT知識をもっている人材のほうが有利であるため、情シスの人員を活用しやすいという面があります。AIとデータサイエンスを内製化する【社内AI人材の教育と活用】

AI活用に関する企画にはドメイン知識の有無が重要となるので、最終的には会社で内製化できることが理想的です。まずはAI開発の専門会社と連携し、社内への知見の蓄積を進めることをお勧めします。

情シスにおけるAIの活用

ここまでは、社内にAIを導入するにあたって、担当者として情シス部員が活躍するケースを挙げてきました。

一方で、AIの活用方法としては、情シス内自体でAIを導入し業務の効率化を図るということも、当然行われています。

他の職種同様、AIの活用方法は幾らでもありますが、特に効果が上がっている事例について一例ご紹介します。
それは、

ユーザーサポート・ヘルプデスク用チャットボット

です。
社内からのヘルプデスクへの問い合せでは、例えば、パスワードの入力を複数回間違え自分のアカウントにログイン出来なくなった、パスワードを忘れた、パソコンを落として壊した、貸与携帯を自宅に忘れたためパソコンにログインが出来ない、など、日常的に発生する単純かつ定型的なトラブルが多くあります。

例えば、パスワードの連続入力誤りによりパソコンがロックされてしまった場合であれば、本人情報確認の上で会社から支給されているスマホにログインパスワードリセットのメールを送信するなど、これら一連のプロセスはマニュアルに沿った単純なルーティーンワークとなっており、人間にしかできないようなクリエイティブな要素を含んでいないため、シンプルなロジックベースで動くチャットボットでも充分以上に対応を行うことが可能なのです。

もしAIに対応できない複雑なケースであれば、担当者へと繋ぎ、人間のIT専門家が対応を行えば全く問題もありません。

ログインなどのセキュリティ面に関する問い合わせについては、本人確認として、貸与パソコンのカメラを通じた顔認証AIによるロックの解除を行うといった、チャットボットなどの自然言語処理AIと他のAI技術要素を組み合わせた活用アイディアも考えられます。

また、多くの会社では、全職員に対するヘルプデスクの人員数に余裕が無いことも多いので、ヘルプデスクにお問い合わせの電話をすると、パソコンがロックされたといったシンプルなトラブルだとしても、何十分も通話をホールド状態にしたまま待ち続ける、なんてこともざらにあります。

この点、チャットボットなどのシステム化を行えば、待ち時間は不要となり、またヘルプデスクにおける負担も軽減されるため、会社全体としての生産性の向上に大きく貢献することとなるでしょう。

まとめ:AI、RPA、IoTなど最新のIT技術について有効活用できるようにする

経営者がIT技術及びIT周りの担当者である情報システム部門に対して期待する役割は、従来のような運用保守に加え、ITを活用したビジネスモデルの構想、経営分析や業務プロセス効率化などビジネスを加速させるようなIT戦略案にまで幅広く及ぶようになってきました。

ITとAIいずれの目的の場合においても、その効果を最大まで引き出すためには、自社の業務内容の理解と技術の理解の両方が不可欠です。したがって、外部のSIerなどに任せっきりにしてしまうのではなく、RPAやAIなどの最新のIT関連技術についても理解を深め、変化の激しい時代に対応していくことが求められることとなるでしょう。AI導入の相談なら【DeepApex|戦略コンサンルティング】