テクノロジー

デジタル庁の採用求人からDX人材の要件を深ぼる

dx-recruit

デジタル庁の求人募集は、すでに終了していますが、デジタル庁の採用要件が面白く分析しがいがあるので調査していきます。

デジタル庁とは

  • デジタル庁は仮称で、今後名称が変わる可能性があります。
  • デジタル庁設置方法案」によって可決された行政事務のデジタル化を推進する組織
  • デジタル庁の長と主任は内閣総理大臣です。菅総理です。
  • デジタル庁でよく出てくる平井さんは、事務を統括するデジタル大臣。
  • ニュースで騒がれているが、施行開始は、2021年9月1日
デジタル庁設置法案

デジタル庁のミッション

デジタル社会の実現に向けた改革の基本方針によって定義されています。

国の情報システム:

  • 基本的な方針を策定。予算を一括計上することで、統括・監理。重要なシステムは自ら整備・運用

地方共通のデジタル基盤

  • 全国規模のクラウド移行に向けた標準化・共通化に関する企画と総合調整

マイナンバー

  • マイナンバー制度全般の企画立案を一元化、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)を国と地方が共同で管理

民間・準公共部門のデジタル化支援

  • 重点計画で具体化、準公共部門の情報システム整備を統括・監理

データ利活用

  • ID制度等の企画立案、ベース・レジストリ整備

サイバーセキュリティの実現

  • 専門チームの設置、システム監査

デジタル人材の確保

  • 国家公務員総合職試験にデジタル区分(仮称)の創設を検討要請
デジタル社会の実現に向けた改革の基本方針

デジタル庁が実際に進めていること

  • 公務員のデジタル職採用
  • 健康保険証とマイナンバーカードの一体化
  • 運転免許証とマイナンバーカードの一体化
  • 教育のデジタル化
  • テレワーク支援
  • 携帯電話料金の値下げ
  • 押印や書面、対面での業務の見直し

携帯電話料金の値下げやハンコ廃止はニュースでよく取り上げられていたと思います。

デジタル庁のプロジェクトと各職種の採用要件

政府特有の要件や公務員としての倫理観などは、省き純粋にDXやデジタル化における必要な要件について整理していきます。

プロジェクト

募集しているプロジェクトは、6つでした。

プロジェクト概要

情報発信基盤(デジタルサービス)

  • プロジェクトマネージャー

デジタル庁が今後発信していくサービスのクオリティコントールを行う職務。各省庁や政府が運営しているWebサイトの改変から担当する。

ベースレジストリ

  • プロダクトマネージャー(シニアデータスペシャリスト)

ベースレジストリとは社会の基盤となるデータベース化(氏名や住所等)を推進する人です。

ただ、プロダクトマネージャーと書かれているのにシニアデータスペシャリストと記載があるのは職種が全く違うため違和感を覚えますが、ベースレジストリを扱うからデータへ精通していて欲しいということだと思います。

ネットワーク一元

ネットワーク一元化とあるので、回線等のネットワークかなと思いますが、コミュニケーションサービス等の記述もあることから、組織の働き方なども含めた一元化や効率化を図る業務かと思います。

  • プロジェクトマネージャー(政府共通ネットワーク等)

各プロジェクトの計画や調整を行う職務

  • ネットワークエンジニア(ネットワーク設計、検証)

政府が使用するネットワーク設計やPoCを実施する職務。

  • ネットワークエンジニア(ガイド・マニュアル作成等)

ネットワークやコミュニケーションサービスの移行ガイドやマニュアル作成などネットワークの変更におけるサポートをする職務

  • システムオペレーションマネージャー

構築したネットワークの運用・保守、障害対応を行う職務。

  • アプリケーション開発エンジニア

ネットワークの構築やサービスの開発などを行う。

新システム企画構想

  • プロジェクトマネージャー(システム企画)

政府の情報システムの企画・整備の推進を行う職務です。

  • ITストラテジスト

府省共通システム(人事給与、旅費支払等)の更改にあたり、制度面の制約、業務上の各種課題、システム面での課題等を総合的に把握、分析した上で、国家公務員全体の生産性向上、働き方の改善の観点から、抜本的に新しい形態での新システムを構想、企画する職務です。

  • ITマネジメントスペシャリスト

「デジタル・ガバメント推進標準ガイドライン」を過去の制約に囚われずにアップデートする職務です。

  • プロジェクトマネージャー(政府共通プラットフォーム等)

クラウドを活用した第二期政府共通プラットフォームのプロジェクトをマネジメントする職務です。

民間人材リクルーティング

  • リードリクルーター

採用戦略、採用要件、広報等を行う

デジタル庁の採用要件からスキルマップ作成

まとめるとこのようなスキルを求められています。

DX人材スキルマップ

職種毎にもちろん違いますが、図の左側がビジネス関連のスキル、右側がIT関連のスキルで、多くの職種がビジネスとITの組み合わせたスキルを求めています。

DXは、企業ではビジネス自体をデジタルで変革すること、政府では国の仕組みをデジタルで変革することなので、ビジネスにもデジタルにも両方に精通している必要があります。

まとめ

デジタル庁の採用を分析した結果、国全体のデジタル化を推進するにあたって、大きくはズレていないと感じました。

ただ、アプリケーションエンジニアでAngularJS、Bootstrapを入れているのは民間側の意向に引っ張られている気がします。特にフロントエンド開発において勢いがあるのは、React,VueでAngularJSは少し苦戦しています。
世の中全体のトレンドを抑えつつ、必要な技術要素を選定すべきです。

それに加え、SQL ServerがDBの要件として一番最初に書かれているのがマイクロソフトの力が入っていると推測しています。

実際に、マイクロソフトが政府のデジタルトランスフォーメーションに携わっているようで、ソリューションありきでの検討ではなく、目指す方向や目的から考えて最適な技術要素を選定すべきです。

マイクロソフトの政府におけるデジタルトランスフォーメーション

また、Java、C,C#、C++を5年以上経験しており、AngularJSの経験がある人材はかなり少ないと感じます。

デジタル人材を目指すにはビジネスとITスキルの両方をバランスよく伸ばしていく必要があります。

ベースにIPAのスキル標準の要件も必須要件も入ってたので一度確認してみるのも良いとおもいます。

IPA:ITスキル標準

DX人材の組織づくりや教育でお困りなら

DeepApex株式会社では、DX人材の育成や組織づくりを支援しています。IT知識の基礎からビジネススキルも含め、社内でも社外でも活躍する人材を育成しております。

ご興味のある方は、是非お問い合わせください。