リサーチ

コロナとAIスタートアップ【三密・ソーシャルディスタンスに関する開発事例あり】

corona-ai

コロナウィルスが世界中で猛威を振るっており、国民が一丸となってこの脅威に対応する必要がある状況です。

弊社ではAIを活用したワクチンの開発等は手掛けることができておりませんが、初期段階から一早くリモートワークを導入するなど、対策を徹底しております。

AI業界は未だ新しく、AI技術への投資は緊急性があるというよりは比較的中長期的な投資の側面があるため、このようなパンデミックの中様々な業界が経済的に大打撃を受けており、それはAI業界においても同様という実感があります。

一方で、本記事後半で紹介するような、AIが得意とする技術を上手に応用して、今すぐにでも役立つシステムを開発・導入することも可能です。弊社としても、そのようなお手伝いができれば何よりと思います。

IT企業ではリモートワークはできるのか

弊社含めIT企業においては、リモートワークは比較的初期の段階から実施されている印象を受けます。

ソフトウェアエンジニアは家からでもコーディングできますので、Web会議で定期的にミーティングを行う必要はありますが、紙の資料等は少なく、リモートワークに適した仕事であると考えます。

AIスタートアップへの経済的な影響

耳にしている範囲では、AIスタートアップにとっても既に悪影響が出ている状況です。AI開発というものは、例えばバグが発生してしまったITシステムの改修とは性質が違い、中期的な投資、最初は研究開発となる類の取り組みであることが通常です。

こんな大変な状況下では、「新たにAIプロジェクトを立ち上げている場合ではない」や、「騒ぎが落ち着いたら再開しましょう」という企業様の声を実際に耳にしていますし、ある種当然のことかと考えます。

我々AI企業としても、既存の案件はありがたく関与させていただきつつ、贅肉を落として、新たな技術の開発等、基礎体力の強化に努める方向で動いているところが多いと感じています。

AIでコロナと闘う

国内外問わず、AIを用いてこの危機に対抗しようという試みが多く見られます。最も多く見られる事例は、AIによる人間の行動に関連する分析でしょう。

各種ビッグデータの分析や、自然言語処理技術を用いたソーシャルメディア等の非構造化データの分析、フライト等交通機関のデータを分析した感染マップの作成。

スマホのGPS情報を用いて国民の行動を監視している国もありますし、感染者に関しては街中に設置された防犯カメラを利用し、画像認識AIを活用して感染前の行動範囲の追跡を行う、などの特別な対策を行っているようです。

3密・ソーシャルディスタンス対策にAIを活用

以下に、ソーシャルディスタンス対策でAIを活用する海外の事例を紹介します。

GoogleやBaiduのAI開発をリードしたことでも有名なAI界の権威、Andrew Ng氏が率いるAIスタートアップ、Landing AIによる開発事例です。

(出典:https://landing.ai/landing-ai-creates-an-ai-tool-to-help-customers-monitor-social-distancing-in-the-workplace/)

このシステムでは画像認識技術を活用し、画面内に映る人々が一定の距離まで近づくとアラートを発する仕組みが実装されています。

食品加工など生活に不可欠で製造ラインを止めるわけにはいかない、だが完全にロボットによる自動化はできていないため、最善の注意を払ったうえでスタッフを出勤させる必要がある。

オフィスワーカーにおいても、どうしても出社する必要があり、交代制で仕事を回している会社は多いと聞きます。また、店舗や飲食店内においても、生活必需品を買い求めるお客様の密集を避けるため、アラートを出せるような仕組みが必要です。

そのような状況で、AIを活用したソリューションは大いに役立つと考えられます。街や店内に既に存在している防犯カメラを活用するだけで、直ぐに対策を前に進めることも可能です。

こうした背景から、弊社においても本騒動の初期から、人工の密集を検出する画像認識システムに関して積極的な研究開発を行ってきました。

まとめ:できることから始めよう

本記事ではソーシャルディスタンス対策にAIを活用する事例を紹介させていただきました。AIを利用した素晴らしいアイディアだと思います。

実際の導入となると、画像認識AIの精度は周囲の環境に大きく影響を受けるため、現在の技術ではどうしても個別の開発、カスタマイズが必要となることが大半です。

このようなAIソリューションの導入に興味がありましたら、是非弊社DeepApexにお問い合わせいただけますと幸いです。AIソリューションで「3密」を可視化する【3密対策AI導入のご相談はこちらから】

3密対策AI導入のご相談はこちらから。DeepApexでは、お客様からいただいたAI開発や導入に関する質問、疑問等に、AIの専門家がお答えします。